» 引越し日記のブログ記事

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

机の引越しは何に気を付ければいい?

引越し費用の平均金額をチェックしていくと、自分が過去に引越しをした時に業者に支払った金額が多すぎた状況がすぐに分かります。

多くの場合、引越し業者に見積もりを出してもらい他社と比較してから決定する人が多くいます。このような引越し業者の情報を比較していく方法は多くの人が分かるようになっており、そのレビューなどをチェックしていけば自分の引越し業者選びに役立てることができます。

ここでポイントになってくるのは、どの業者で比較していくかです。自分が知っている引っ越し業者だけでなく、タウンページなどに記載されている引越し業者の情報もチェックしていけば、より良いサービスでありながら価格の安い引越し業者を選定することが可能となります。

引越し業者は、各県に地元の業者がいくつもあり、対応出来る引越しの範囲があります。そのため、自分が想定してる引越し先まで対応できる稼働か事前に電話で聞いてみることも良い方法となります。

そして、依頼することが可能な業者を絞り込んだら、次に価格比較をします。ある程度の引越し費用はネットに情報を入力するだけで分かるのですが、実際に依頼したときの引越し見積もりの金額とはかなり変わる可能性があります。

引越しの作業する時には段ボール箱に中に入ってるものを分かるように書いておくようにします。
食器2
特に割れ物に関しては「ワレモノ」と記載しておかないと、他の段ボール箱と同じように作業をしていると破損させてしまう可能性があります。

より多くの作業をスピーディーにこなしていくために、トラブルを回避する対策は非常に重要となります。特に割れ物については慎重に作業する必要があることと、引越し作業よりも前の段階から作業が可能なので、リラックスした状態で梱包できるはずです。

しっかりと梱包材を差し込んでおけば、ちょっとの衝撃では割れないはずです。そのあたりのゆとりを考慮して作業ができるように時間的に配分していくことが重要になります。

引越しをするときには、効率を重視する必要がありますが、手間をかけずに破損させないという情報をうまくバランス良く考えながら作業する事が重要になります。

大手の引越し業者に依頼すると、完璧な作業をやってもらえる可能性もありますが、それだと僅か一日で何十万円もコストがかかってしまうので、自分でできる範囲をできるだけやっておく考え方が重要です。

どうしても自分の車に積載できない分を引越し業者に依頼するという考え方にします。

f7e137e078e6221c57be380c4c0a2600_s

ワンルームマンションから2LDKの新築マンションに引っ越したときカーテンを早めに準備しましたよ~。普通サイズのカーテンをひと組しか使っていなかったのでカーテンが足りないことが気になっていました。新居のリビングには大きな掃き出し窓があるし、2つの部屋にも大きな窓がついているので早めにカーテンだけは用意したいと思いました。
一人暮らし 引越し 学生 料金の相場は?
なので、引っ越し前に不動産屋へ行って部屋のカギを借りましたよ~。朝1番で不動産屋へ行って、カーテンレールやら窓のサイズを測りたいことを説明して部屋のカギを借りました。その日の夕方にはとりあえず気に入ったカーテンがすべての部屋についたのでそれがよかったな~と・・・。今でもそのときのほっとした気持ちはよく覚えていますよ。

3階の部屋だったのですが周りにもマンションがいくつか建っていてカーテンがないと部屋の中の様子が丸見え。それが気になっていたのでカギを借りに行ってでもは引っ越し当日までにカーテンをつけておきたいと思いました。

事情を話せばカギを貸してもらえるんですね。この時初めてそれを知りました。引っ越し前日にならないと部屋のカギを渡してもらえないと思っていたけれどそんなこともないのですね。

引っ越しは大変ですね。お金の都合もつけなくてはならないし時間のやりくりも大変です。仕事をしていると仕事と引っ越しのバランスを考えないとうまくいきません。仕事を今まで通りやろうとしてもうまくいかないし、引っ越しの支度に時間を使いすぎると仕事がうまくいかなくなります。
ダンボール1
家族での引っ越しなら役割分担するといいですね。おじいちゃんおばあちゃんにも何か役割を与えると喜ばれます。「お年寄りだから家でおとなしくしていて」という態度をしていると年寄り扱いして・・・と思われるので小さな役割を与えるといいです。簡単なところでいうとペットの世話。散歩が無理なら家でペットの世話をしてくれるだけでも助かりますよね。

水を替えたり食事の世話をしたり・・・。こんなちょっとしたことでもお年寄りに頼むと嬉々として引き受けてくれたりします。子供にも子供ができる範囲で役割を与えます。子供の年齢によって買い物や掃除などできそうなモノを頼むと良いでしょう。

子供は結構買い物を頼むと喜んでくれます。引っ越しで必要なちょっとしたモノを100円ショップへ買いに行ってもらったり食材を買いに行ってもらったり・・・。家族みんなで協力すると引っ越しも楽しくできるでしょう。

a0002_001223

引越し業者は、自社のトラックで作業をする業者と、下請け業者に依頼する業者があります。当然のように自社のトラックでスタッフも全員自社スタッフが対応する方が質の良いサービスを提供することが可能となります。

そのため、引越し業者を選択する時には、業務に使用するトラックのサイズであったり担当するスタッフの数で選ぶのではなく、作業の質なども考慮に入れて選択する事が重要となります。

このような引越し業者の業務の内容を確認するためには、引越し業者の見積もりサイトを確認するようにします。自分の住んでる地域で利用可能な引越し業者を確認することができるため、すぐに見積もりの数字をチェックすることもできます。

単身パックでベッドを運んでもらえる?

ただ、このようなサイトで確認できる見積もりに関しては、家族構成や現在済んでいるアパートなどの広さに応じてある程度の量を想定するだけであり、実際の引越し時に必要な引越し費用とは変わってくる可能性があります。

このあたりを考慮して引越しの見積もりを出してもらう事が重要になります。少なくとも他の引越し業者とのコストを比較することが可能となるので、より安く引越しを完了する事が可能になります。

引越し業者がネットでサービスを依頼すると割引きをしてもらえる業者もあります。

引越しの作業をする時には、引越し業者の相場をチェックする事から始めます。多くの場合、おまとめパックを依頼するとかなりの金額になるので、梱包作業だけは必ず自分でやるようにします。

そして、引越し当日にどれくらいの人数のスタッフが入ってくれるのかは、選択する引越し業者によって変わってきます。
引越し4
格安の引越し業者は、できるだけ少ない人数で作業をやろうと試みる場合が多くあり、依頼した引越し業者のトラックではなく、下請け業者の運送業者などが現場に入る可能性もあります。

このような違いがあるので、大手の引越し業者に依頼するとサービスの質が非常に良く、家具などを破損させる可能性もかなり少なくなります。

また、万が一何らかのトラブルがあっても全て保証してもらえます。このあたりのサービスの質がかなり変わってくるのですが、安い引越し業者に関しては引越し費用が、大手の業者よりも3分の1から半額程度まで値下げをしてもらえる可能性もあります。

地元の業者の場合には、話もしやすく値引きもやりやすい傾向にあります。大手の引越し業者の見積もり価格よりも必ず安い見積書を出してもらえるはずなので、その金額から更に値引きをしてもらう対策が可能となります。

単身引越し 市内 相場をチェック!

少ない予算で引越しをする場合には、出来るだけコストを下げる対策が必要となります。引越しに関しては業者に依頼すると、その引越し費用だけで大きなお金が必要になってくるので、その部分をどれだけ値下げできるかどうかがポイントになります。
5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s
引越し業者は、ある程度の量の引越しにおいては価格が決まっています。家族の人数であったり、部屋のスペース等でその量を確認していきますが、一般的な応接セットの量であったり、冷蔵庫や洗濯機など普通サイズが1つだけある状態を想定すると、それなりの量が分かるのです。

このような家の中にあるものを想定して見積を出すことが出来ます。このような概算の引越見積に関しては、ネットの見積サイトで簡単に出すことが可能です。

家の中にあるものの量である程度の予算が決まり、後は引越し先までの距離によって引越しの費用が高くなってきます。この相場の価格を同業者の引越し業者であったり、運送関連の業者の見積内容と比較していく事で、最安値の引越し業者が分かるようになります。

この比較で良いところは、大手の業者だけでなく、普通は名前が出てこないような引越し業者のサービスの内容をチェックすることもできる為、格安な引越し業者が見つかる場合も多いのです。

引越しの準備をしている段階では、様々な道具が必要になってきますが、段ボール箱以外にも準備しなければいけ無いものが新聞紙です。
食器1
割れ物を梱包するときには、専用の発泡酒ロール素材のシートであるが、プチプチシートが望ましいのですが、ホームセンターなどで購入すると結構な価格がするので、その代わりとして新聞紙を用いることが多くなります。

新聞紙自体はクッション性能はそれほど高くないのですが、数枚まとめて使用する事によって空気を包み込むことが可能になります。直接接触するのではなく、新聞紙と空気が何層にも重なる事で、割れ物素材が接触して破損する可能性を減らしてくれます。

ただ、ワイングラスなどに新聞紙を巻き付けただけでは、まだまだクッション性のが足りないので、段ボール箱などに割れ物を並べて入れたすきまに、新聞紙を丸めてあんこの状態にして接触しないように押し込んでいきます。

この作業が結構手間になる事と、割れないように細心の注意を払うようになると、新聞紙がいくらあっても足りない状態になってしまいます。その為、段ボール箱と新聞紙に関しては、最初に想定しているよりもかなり多めに準備する必要があります。

後で、足りなくて探しに行くと非常に面倒なので早い段階から調達するべきです。

洗濯機の引越し料金をチェック!

家具を動かす機会が滅多に無いとその下がどの様な状態になっているのか分からずその深刻さにも気付き難いのですが、それが引越し準備の中で露わになると、結構大きなショックを受けたりするもの。
もちろんその殆どが賃貸間の引越しであり、特に前回の引越しの際は家具を移動させた瞬間、その下のフローリングに大きな表層剥げと破損を発見してしまい、深いショックを受けたものです。
当然の事ながら敷金の大半が修繕費となって消え、戻ってきたのは僅か1万円程度。それでも当初は全て消えると思い込んでいたものですから、まだマシと言えばマシだったのかも知れません。

和室2
かつてはその上質感に憧れよく選んでいたフローリングの物件なのですが、現在はその保護の煩わしさにも嫌気がさし、結局長く慣れ親しんできた畳の物件を選び住んでいます。掃除に関しては若干手間が掛かるのですが、そのまま寝転がっても埃にまみれる心配も無く落ち着けるのが利点。今後引越しの機会が訪れてもほぼ間違い無く畳の物件を選ぶ事でしょう。
ですが最近になって、フローリングの上からもそのまま敷けるタイプの畳が人気を集めている事を知り、ちょっと注目しています。これならフローリングと畳を上手く使い分け出来るかも知れません。

5a3cd1aa1b6273ccd0ded9cf35b4a94d_s

引越の当日に、引越し先で電気やガスや水道などが使えるようにするために、事前に連絡しておくことが重要になります。電気や水道などは最初から使える状態になっている事が多いですが、問題となるのはガスです。

ガスは担当者が来て開栓する手続きが必要になってくるので、引越し日の時間帯や、担当者が来る時間などを前もって話しておくことが大事になります。

しっかりと段取りが出来ているのであれば、引越の当日に新居で夕食を作って食べることも可能になります。特に、自前で引越し作業をしているのであれば、手伝ってくれた人達に何らかの食事を振る舞う事も多いはずです。

この時にガスが使えないと問題になってしまうので、前もって段取りをして事はとても重要となるのです。

もしくは、新居で食事を振る舞うのではなく、新居の近くのレストランや居酒屋などの席を予約しておき、手伝ってくれた人達にご馳走するという考え方が良い選択となるはずです。

引越し業者に依頼すると、ある程度のサイズの引越しは20万円以上必要となる場合もあるため、特に難しい引越しの作業がない場合には、トラックを準備して手伝ってくれる人にお願いして自前で全ての引越し作業を完了させる対策が有効となります。